浦和で鮮度抜群の魚いただく「葵屋」の熟成魚と生まぐろ希少部位がスゴい!

PR

鮮度抜群の美味しい魚と旨い酒が飲めるお店「葵屋」にご招待いただいたので、ご紹介します!

浦和でここまで新鮮なお刺身を食べられるのかと驚いちゃいますよー!

浦和で美味しい鮮魚と旨い酒が飲める店「葵屋」

葵屋は浦和駅北口改札から徒歩1分ほど、1階に星乃珈琲店が入ったビルの地下1階にあります。

店内はとても落ち着いた空間となっております。カーテンを下して半個室みたいな感じにも出来るそう。

4人で座れる完全個室の席もあります。

こだわりの海鮮を提供する秘密は「超速鮮魚」と「熟成魚」

葵屋のウリが、超速鮮魚と呼ばれる羽田市場で仕入れた、日替わりの新鮮な魚を提供している所。

羽田市場とは
全国の漁港で朝獲れた魚を空輸で羽田空港へ運び、その日のうちに首都圏のお店に届ける。海の近くではない場所でも新鮮な魚が食べられるという・・水産の流通革命とも呼ばれているらしい。

そして、もう一つのウリが超速鮮魚だからこそ可能にした熟成魚。ちょっと前に熟成肉というのが流行りましたが、新鮮な魚と職人の技術があれば熟成させることができるそう。

超速鮮魚と熟成魚がいただけ、確かな技術を持った職人が割烹料理屋にも負けない味をリーズナブルな価格で提供するのが「葵屋」だ!

(完璧な説明だ!)

葵屋のメニュー

葵屋のメニュー(一部)をご紹介します。

葵屋の看板メニュー、超速鮮魚と熟成魚の御造り。絶対美味しい。

そして、こちらも間違いなく美味しいと思われる、生まぐろの希少部位盛り合わせや鉄板焼き、煮つけ。

葵屋はお酒のメニューも豊富。こちらは千葉の木戸泉酒造の熟成させた日本酒「熟成古酒」。日本酒で古酒なんて聞いたことない。

このお酒、日本で取り扱っているお店は50件以下しかないそうです。これは貴重だ、そして旨そうだ!

そんなお酒まで珍しいメニューを取り揃える、葵屋でいただいた料理を紹介しますー!

その前に、まずはビールで乾杯。こちらもちょっと珍しいドライプレミアム豊醸の瓶ビール(680円)。いやー、最高!

浦和でこんなに新鮮なお刺身が食べられるなんて

まずは「超速鮮魚と熟成魚の御造り」をいただきます。見てください、この景色。絶景すぎる。

仕入れによって日替わりで変わるお造り。この日は、

超速鮮魚
・コブダイ
・マダイ
・水タコ
熟成魚
・本マグロ
・ヒラマサ
・ヒラメ

の6種類。んー、たまらん。

まずは超速鮮魚のコブダイ。

うおー、新鮮でめちゃ美味い(感動)!

そして筆者が大好きな真鯛。

し、新鮮すぎる。ここ浦和やぞ。

水タコです。

お前も新鮮やないか!

ヒラマサの熟成魚をいただく。

ううう、美味い!なんだこのしっとり感。

こちらはヒラメの熟成魚。千切りの生姜といただきます。

熟成していることで旨味が増し、独特のしっとりした食感になっています。サイコー!

本マグロの熟成魚です。

熟成魚やばいっ。ホントに美味い!写真はブレてますが、味は全くブレていない。

超速鮮魚と熟成魚の御造り、めちゃくちゃ美味しすぎます。お酒が進みすぎます。

ということで、魚に空いそうな日本酒をいただきましょう。熟成古酒5年、10年、20年の飲み比べ(1,980円)を飲んでみます。

5年と20年では色が全然違いますね。20年物は独特の香りと円熟味が増した味・・いやー、たまらん。

贅沢に熟成魚をアテに熟成古酒をいただく。これがまた合います。

贅沢すぎる。

生まぐろの希少部位盛り合わせも食べる

生まぐろの希少部位盛り合あわせは何とも凄い器で登場してきました。

先ほどのお造りと希少部位盛り合わせを同時に注文すると器が同じになってしまうので、その場合は違う器で用意してくれるのだそう。

器のデカい筆者にぴったりの容器です(小物)。

生まぐろ希少部位盛り合わせのラインナップは、
・背中
・テール
・脳天
・エラブタ
・頭肉
・ほほ肉

という、食べたことない本当に希少な部位ばかりが揃いました。ちなみに中央の聖杯のような器に入っているのは、ヒラメやタイの肝。こちらは、たまたま用意してくれた一品なので、通常は出てきません。

まずは背中から。赤身に似てますね。

背中ウマい。味も赤身に似て全くクセがなく、普通にめちゃくちゃ美味しいです。

続いて、テール。尻尾ですね。

魚とは思えない肉質です。泳いでいるときにずっと動かす部分なので、身がしっかりしてます。これも美味。

脳天はつのトロとも呼ばれ、脂の乗り方がトロに似ているそう。めちゃくちゃ希少な部位らしいです。

これはもうほぼ大トロ。すっごい脂乗ってます。大トロって言われても分からないくらい(鈍感)。本日のNo.1でした。

こちらは、エラブタ。エラとは違うのでしょうかね。

うお、身が締まっているぅ。脂乗りもよくて、絶品。

頭の肉、頭肉(ずにく)です。

トロけます。これも大トロみたいに脂が乗りまくってます。さらに少し炙っているので、香ばしさも増してたまらんです。

最後にほほ肉。ほほ肉は特に鮮度が良くないと、刺身では提供できないみたい。鮮度にこだわっている葵屋だからこそ!

もはや肉。ほとんどお肉の食感です。最高です。

こんなのもいただきました。豚角煮とお餅の包み揚げ(880円)。

魚をたくさん食べたので、お肉も少し食べたくなります。角煮は味が染みていてウマい!葵屋では魚料理だけでなく、お肉などの料理も豊富にありますよー!

以上、美味しい鮮魚と旨い酒がいただける葵屋でした。

ほとんど美味いとか最高しか言ってないですが、写真で美味しさは伝わると思います!本当にオススメのお店です。

ファンくるを利用すればお得に食べることができますよ。

ランチではさらにリーズナブルに海鮮がいただけちゃう

熟成魚がいただける「葵屋 浦和店」の海鮮ランチが絶品で最高すぎました

美味しいお魚と旨い酒「葵屋 浦和西口店」

住所さいたま市浦和区高砂1-13-12 MiRiスクエア 地下1階
営業時間平日:11:30~14:00、16:30~23:30(祝前日は24:00まで)
土日:13:00~23:30
休日無休
予約、クーポンなどぐるなびホットペッパー食べログ

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。