浦和裏門通り「やじろべえ」昭和50年から営業するノスタルジックなカフェ

浦和裏門通り「やじろべえ珈琲店」昭和50年から営業するノスタルジックなカフェ グルメ
新店情報、キャンペーン情報など当サイトで掲載いたします。お知らせお待ちしております。

浦和駅西口の裏門通りに1975年から営業しているカフェ「やじろべえ珈琲店」

外観からお店の中まで昭和の面影を残す、ノスタルジックなカフェをご紹介いたします。

「やじろべえ珈琲店」昭和50年から営業するノスタルジックなカフェ

浦和 やじろべえ珈琲店 外観

外観から既に雰囲気が出まくっています(室外機が邪魔してますが)。

やじろべえ珈琲店は浦和駅西口から歩いて10分ほど、昭和レトロな雰囲気がほんのり漂う裏門通りの一角にあります。

浦和 裏門通り

この通りは昭和から続く建物(お店)が多いのが特徴で、歩くだけでなんだかワクワクする筆者も好きな場所(再開発でなくならないことを願う)。

浦和 やじろべえ珈琲店 店内

店内は昭和にタイムスリップしたかのような空間。

浦和 やじろべえ珈琲店 店内

BGMはなく、昔ながらの時計がチクタクと音を刻むのみ。

浦和 やじろべえ珈琲店 店内

壁には本がずらりと並んでいます。

店内の席は全て喫煙可ですが、この日は平日の15時頃に訪店して客は筆者だけでしたので全くタバコ臭くなかったです。

ワイモバイルのCMで撮影に使われてました。

やじろべえ珈琲店のメニュー

浦和 やじろべえ珈琲店 メニュー

メニューはこちら。コーヒーの種類がとても豊富です。

筆者は酸味があるコーヒーより苦味のあるコーヒーが好きで、女性の店主にそれを伝えたところ源氏(400円)を勧められたのでそれを選択。小腹も空いていたので、バタートースト(250円)も注文しました。

ちなみに、メニューの右下に「1995.4.1」と書いてあるのに気付きましたか?24年前から値段が変わってないということでしょうかね。ちなみに1995年はプリント倶楽部(プリクラ)が発売された年です!

ゆっくりと時間が流れる喫茶店でコーヒーをいただく

浦和 やじろべえ珈琲店 コーヒーとバタートースト

待つこと数分。コーヒーとバタートーストの到着です。

浦和 やじろべえ珈琲店 コーヒー

コーヒーは注文ごとに豆を挽き、ハンドドリップで入れてくれます。

酸味が少なく、ほどよい苦味の香り高いコーヒーでした。

浦和 やじろべえ珈琲店 バタートースト

バターがたっぷり塗られたトースト。焼き加減もちょうどよく、コーヒーとの相性も良いですね〜。

浦和 やじろべえ珈琲店で本を読む

とても静かな空間で、とてもゆっくりと時間が流れています。せっかくなので本を読もうと思います。

浦和 やじろべえ珈琲店で本を読む

むむむ。

浦和 やじろべえ珈琲店 店内

とても落ち着ける素敵なカフェでした。お店の方も気さくに話かけてくれて、ほっと一息つけるお店ですよ。

近くにはオープンしたばかりのおしゃれなカフェもあります

浦和区仲町 カフェMICHELLE(ミシェル)ハンドドリップコーヒー

浦和に新しくできたカフェ「MICHELLE(ミシェル)」自家焙煎コーヒーとベイクが最高

浦和 やじろべえ珈琲店

住所さいたま市浦和区仲町2-17-4
営業時間平日:11:00~18:00、土:14:00~18:00
休日日曜・祝日
その他食べログ

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。