浦和駅東口にある狭小スペースには「津々浦々堂」というお店がオープン 何を販売するの

浦和駅東口にある狭小スペースには「津々浦々堂」というお店がオープン どんなものを販売するの 新店・閉店情報

浦和駅東口にオランダ焼きなどを販売する「津々浦々堂」というお店が、2024年5月21日(火)オープンします。

浦和駅東口にある狭小スペースには「津々浦々堂」というお店がオープン どんなものを販売するの

オープンする場所は、浦和駅東口から北浦和方面に徒歩で数分ほど進むと見えてくる、浦和で一番細いと言われているこちらの建物。

この狭小スペースには、以前まで「ちばちゃん」という居酒屋があり、そちらが閉店後は「はらけん」という居酒屋が入っていましたが、「はらけん」が昨年9月に近くへ移転したため、以降は空きテナントとなっていました。

ちなみに、僕は「はらけん」時代に飲みに行ったことがありますが、中は3〜4人しか入れないくらい小さい立ち飲み屋でした。2階にも席ありましたけど。

浦和駅東口にある狭小スペースには「津々浦々堂」というお店がオープン どんなものを販売するの

そんなこんなで、今回入るのが「津々浦々堂」というお店。

お店の外に貼られたメニューを見ると、オランダ焼きやインド焼き、ばななてん、さつまてんの4種類を販売するお店のようです。

大判焼きにも見えるオランダ焼きですが、知らなかったので調べてみたところ、秋田県湯沢市のご当地グルメでハムとマヨネーズが入っているもののようです。インド焼きというのは調べても出てこなかったんですが、特製カレー入りと書いてあるので、まぁなんとなく想像はつきますね。ばななてん、さつまてんは天ぷらなのかなと思いつつ、写真からは天ぷらには見えないような。

浦和で2024年5月にオープンするお店まとめ

津々浦々堂(テイクアウトのみ)
住所:さいたま市浦和区東仲町1-19
営業時間:11:00〜売り切れ次第終了
定休日:日曜・月曜

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。また、プロモーションが含まれていることがあります。