浦和の各駅を地下鉄で繋げればめちゃくちゃ便利なんじゃないかって話

浦和地下鉄計画 浦和メトロ 浦和を語る

「浦和」という名前がつく駅が8駅もあることをご存知でしょうか?

浦和駅のほかに、東浦和駅、西浦和駅、南浦和駅、北浦和駅、武蔵浦和駅、中浦和駅、浦和美園駅と合計8駅もあります。同じ地名がつく駅名で「浦和」は日本で一番多いんです。

駅の位置関係は以下のとおり。

浦和にある各駅の位置関係

クリックで拡大します

ただ、全ての駅が同じ路線で繋がっているわけではありません。例えば浦和駅から中浦和駅まで行くとしたら、

・京浜東北線で南浦和駅へ行き
・武蔵野線に乗り換えて隣の武蔵浦和駅へ行き
・埼京線に乗り換えて中浦和駅へ

というめんどくさい感じになります。直線距離では1.7kmしかないのに・・・。そこで思ったんです。

8駅全部を地下鉄で繋げればめちゃくちゃ便利じゃない?

本記事は筆者の壮大な空想です。お時間のある方はお付き合いください。

浦和に地下鉄を作るならこんな感じだ!

筆者が考える地下鉄はこういう感じ。

浦和地下鉄計画 浦和メトロ

クリックで拡大します

このように、8駅をぐるぐる周回する形を考えています。停車順は下記のとおり。

  • ↓浦和駅
  • ↓武蔵浦和駅
  • ↓西浦和駅
  • ↓中浦和駅
  • ↓北浦和駅
  • ↓浦和美園駅
  • ↓東浦和駅
  • ↓南浦和駅

めちゃくちゃ便利そう。

横浜に地下鉄があるなら、浦和にあってもいいじゃないか(対抗意識)。

2018年住みたい街ランキングで浦和が10位!1位の横浜と比べてみた

2018.03.02

考えられるメリット

個人的な一番のメリットは埼玉スタジアムに行きやすくなること。埼玉スタジアムへ行く公共交通機関が増えることで、浦和レッズなどの試合開催日の渋滞緩和、埼玉高速鉄道の混雑解消にも繋がっていくと思います。

浦和の各駅から簡単に埼玉スタジアムへアクセスできることで、試合を見に行く人も増えるのではと考えています。

他にも、それぞれの駅へのアクセスが容易になることで、地域の活性化にも繋がるはずだ!

  • 浦和周辺の慢性的な渋滞解消
  • 各駅の活性化
  • 埼玉スタジアム試合開催日の混雑緩和
  • 浦和レッズの観客動員数増加の期待

などなど。良いことだらけ。

考えられるデメリット

ありません。

地下鉄の名称を考えよう

公募して決めるのがいいと思いますが、一応僕も案を出しておきます。

浦和メトロ

普通な感じだけど、こんな感じでどう?

でも建設費はどうしよう

地下鉄を作るにはお金がとても掛かります。副都心線(7駅)を作るのに掛かった費用が2500億円だったらしいので。ひとまず総工費は2500億円と仮定し、金策に走ります。

平成25年地下鉄事業の現況

 

 

筆者(素人)が考える金策の結果、以下のとおりになりました。

  • 市民からの募金5億円
  • 地元企業からの出資15億円
  • 埼玉県100億円
  • さいたま市100億円
  • 三菱重工100億円
  • 銀行からの借り入れ1000億円
  • 前澤友作1280億円

よし、お金は何とかなりそうだ。

施工業者を決めよう

スーパーゼネコンの皆さん、談合禁止でお願いします。

運営会社を設立しよう

浦和メトロ株式会社を設立し、発案者で言い出しっぺの筆者が初代社長に就任します。

とても多忙なんですが、浦和のために引き受けます。

運賃を決めよう

運賃は一律100円にします(破格)。その他、1日乗り放題フリーパスも発売。こちらは500円という、これまた破格。

浦和メトロは2020年春開業予定だ!

地下鉄のため、用地買収の必要はありません。お金が集まれば明日にでも工事が始められますので、どうせなら東京オリンピックに間に合わせましょう。

首都高と東海道新幹線は1964年東京オリンピックに間に合わせるために、急ピッチで工事して作ったらしいので何とかなるはずだ!

 

空想の現場からは以上です。


「浦和に地下鉄を作る会」

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。