埼玉県 × 児童養護施設退所者等アフターケア受託団体による講演会開催

埼玉県 × 児童養護施設退所者等アフターケア受託団体による講演会開催 募集・告知

9月9日(金)、一般社団法人コンパスナビ(さいたま市浦和区)主催の講演会、「児童養護施設で育ち巣立った若者の心の傷とその後~RE-STARTを支えその先へ。私たちが今日から出来ること〜」が埼玉会館で開催されます。

以下、プレスリリースより。

埼玉県 × 児童養護施設退所者等アフターケア受託団体による講演会開催

虐待等が原因で児童養護施設等の「社会的養護施設」に入所した児童の多くは、退所後独り立ちを余儀なくされます。そして頼れる親もいない彼らは、そこから様々な苦悩や困難にぶつかります。そんな彼らの“リアル”を知り、社会がどうなっていくべきか、私たちができることは何かを講演会を通じて皆さまと一緒に考えていければと思います。

今回は「埼玉県児童養護施設退所者等アフターケア事業に携わる支援員と施設出身当事者による講演会」ということで、第1部ではアフターケア支援員による講演会『支援現場のリアル』、第2部では児童養護施設出身ゲストによるトークセッション『私たちの困難からの再生、そして私たちができること』について行います。

  • 日時:9月9日(金)17:30~19:30
  • 場所:埼玉会館小ホール 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口から徒歩7分)
  • 入場料:500円

第1部[17:30~18:00]アフターケア支援員による講演会『支援現場のリアル』
埼玉県より委託を受け、児童養護施設等を巣立った若者の就労・住居・自立の支援を行うコンパスナビ支援員が現場のリアルを語ります。

第2部[18:10~19:30]児童養護出身のゲストによるトークセッション『私たちの困難からの再生、そして私たちが出来ること』
児童養護施設で育ち、現在各界で活躍するゲストによるトークセッションを行います。

今回ゲストとしてお越しいただくのは、矢野デイビットさん、古原靖久さん、そしてTHREE FLAGSの皆さんです。
困難を抱えた幼少期、施設を退所してから自立への道・・・どのように彼らはサバイバルしてきたのか。どのような出会いと飛躍への物語があったのか。そして私たちが出来ることは何かを考えていきます。

ご参加には事前のお申し込みが必要です。
お申し込みはこちら

一般社団法人コンパスナビ
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-5-1 KOMON7F
https://compass-navi.or.jp/

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。