【悲報】浦和ナカギンザセブンが再開発のため2020年3月で取り壊し決定

新店・閉店情報

浦和駅西口にあるドープな飲み屋街、ナカギンザセブンが2020年3月で取り壊しが決定。建物が老朽化していることが理由のようで、跡地にはマンションが建つとの噂があります。

地権者とナカギンザセブンに入る飲食店の方々で協議を続けてきたようですが、正式になくなることが決定したようです。

開発が進み商業施設も増えてきましたが、ここだけはこのまま残してほしいと願ってましたが・・・残念です。

なお、現在あるお店は移転や閉店を迫られていますが、72年の歴史を誇る手作りおでん種のお店「増田屋本店」は2月25日で閉店しました。

老朽化しているなと感じさせる一枚。

ナカギンザセブンにあるお店

【閉店】鶏×魚介の絶品つけめん!浦和「つけめんTETSU さいたま特別版」

安く飲むなら!浦和駅西口の角打ち「新井商店」でせんべろを楽しむ

ナカギンザセブンを動画で振り返る

閉店・移転状況は下記より

浦和駅西口「ナカギンザセブン」内のお店、閉店・移転状況まとめ

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。