浦和で本当にウマい魚に出会えた「魚浪人(ぎょろうにん)」絶品料理の数々に感動

和食のお店「魚浪人(ぎょろうにん)」浦和で本気でウマい魚に出会えた グルメ

浦和駅西口にある魚にこだわった居酒屋「魚浪人(ぎょろうにん)」に先日行ってきました。

僕が頭の中で勝手に思い描いている「浦和の未訪飲食店行ってみたいランキング」で常に上位をキープしているお店でして、行きたいなら早く行けよって話なんですが、ようやく行くことができました。

お店のインスタをチェックする限り、魚をはじめ素材や調理法にこだわっていて、ここ絶対美味しいだろって行く前から期待していたお店です。結果的に期待以上に美味しかったんですが、その時の様子をお伝えいたします。

なお、魚浪人ではメニューが常に変わるようなので、紹介しているメニューや料理は一例になります。それではどぞ!

和食のお店「魚浪人」

魚浪人 外観

浦和駅西口から徒歩3〜4分ほど。浦和伊勢丹の裏にある、魚を中心とした和食の居酒屋です。

隣には僕が飲んだあとに高頻度で行く担々麺専門のラーメン屋さん「甲州屋別邸」もあります。ここめっちゃ美味しいんです(脱線)。

店内は2階建てになっていて、1階はL字型のカウンター席と4人掛けのテーブル席が1つ。2階には4人掛けのテーブル席が5つd。なお、1階は全面禁煙で2階は喫煙可能のようです。

この日は事前にカウンター席を予約しました。ちなみに予約なしでも来店可能ですが、お店の方によるとカウンター席を予約するのがおすすめとのこと。

メニュー

メニューはこちら。

産地にこだわったお魚たちがずらりと並びます。

メニュー

ひと手間もふた手間も加えたメニューが。

そしてメニューは手書きだそうです。これがまた良い味を出してますな。

メニュー

ご飯もの。

魚浪人ではこのほかに握りも楽しめるので、お店の方に聞いてみてください。

メニュー

コース料理も。

ドリンクメニュー

ドリンクはこちら。

ドリンクメニュー

ウマい魚を引き立てる、日本酒は豊富に。

それではいただいたメニューを紹介いたします!

浦和で美味しい魚が食べられる

生ビール

まずサッポロ黒ラベルで乾杯。飲み過ぎ注意ですね(平日)。

お通し

お通しはしじみのお吸い物。

毎日飲みたいやさしさ。

カワハギの刺身

まずは淡路島産の天然カワハギのお刺身から。

すだちを少し絞り、芽ねぎを巻いて、、

肝醤油

カワハギといえば肝醤油!

これが感動するレベルにウマい。今まで食べたカワハギのお刺身でダントツに美味しかったです。なんでも、肝は臭みを出さないために手間を加えているんだとか。魚浪人の料理には、こういった丁寧な仕事ぶりが随所に見てとれました。

塩で食べると、また違った味わいでサッパリいただけ、これまた最高でした。

喜界島の塩

塩は奄美群島にある喜界島の塩を使っているそうで、ここにもこだわりが。

刺身の盛り合わせ

次にお刺身のおまかせ盛り。この日は、まぐろ、黒むつ、真鯛、くえ、いわし、さば、たこ、赤貝、イカ、かつお、さわら、かますの12種類(間違ってたらごめんなさい)。

店主の方が毎朝豊洲に行って自ら目利きしているという魚は、種類や産地によって数日置いて熟成させたり皮目を炙ったりと、魚の旨みを最大限引き出すための仕込みをしているということを、お店の方が丁寧に説明してくださいました。

こういう話聞くの大好きなんで、めちゃくちゃテンション上がります。同じような方は、行かれる際は是非ともカウンター席を。

手間とこだわりがとても感じられる盛り合わせ。これは絶対食べてください。まじでやばいっす。

イワシとガリの海苔巻き

こちらは一番食べてみたかった、いわしとガリの海苔巻き!

いわしとガリを海苔で巻いてるんです(そのまま)。

これがすっごい美味しかった…脂が乗ったいわしとガリや薬味のサッパリ感が合わさり、なんとも秀逸な一品に!そして、やたら海苔が美味しいなと思って聞いたら、海苔にもこだわってるそうです。

淡海鶏(たんかいどり)と仙台芹の玉子とじ

こちらは、淡海鶏(たんかいどり)と仙台芹の玉子とじ。

しっかりとした歯応えと旨みがある地鶏に、芹の苦味がこれまた相性バツグン。割り下がやさしい味わいながら、出汁がしっかり効いていて絶品です。

加賀野菜の源助大根を使ったふろふきに牛肉と舞茸のしぐれ煮

続きまして、加賀野菜の源助大根を使ったふろふきに牛肉と舞茸のしぐれ煮を乗せた一品。

これも間違いのない味。香りもすごい良いし、源助大根は甘みがあって美味しいです。

かつおの漬けを黄身醤油で

続いて、かつおの漬けを黄身醤油でいただくという、酒好きにはたまらないやつ。

穴子と胡瓜巻き

ここからは細巻を。

ビールのあてに最高な穴子と胡瓜巻き。

ネギトロ巻き

安定のネギトロ巻き。

間違いないっすね。

小肌薬味巻き

こちらは小肌薬味巻き。

これがまた、たまらなく美味しかった。

握り寿司

最後に2貫だけお寿司を握っていただきました。

穴子は柔らかくふっくら。締めに握りを食べられるって、幸せすぎる。他にも何品かいただきましたが、全てが本当に美味しく、また料理人のこだわりがとても感じられて、至福のひとときを過ごせました。

まだまだ魅力やこだわりを伝えきれていないので、気になる方は是非カウンター席を予約して、行ってみてください。

魚浪人

住所さいたま市浦和区高砂1-13-10
休日月曜日
TEL048-826-5543
公式サイト魚浪人
その他ホットペッパー
掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。