浦和のバリ風レストラン「SAMADIH(サマディ)」無国籍料理を楽しめます

トムヤム担担麺 グルメ

浦和駅西口にある無国籍料理が楽しめるレストラン「SAMADIH(サマディ)」に行ってきました。

バリのリゾートレストランをイメージした店内で、アジアンテイストなランチが楽しめるお店でした。浦和でバリに行った気分を味わえます(行ったことないけど)!

浦和駅西口の無国籍料理「SAMADIH(サマディ)」

SAMADIH(サマディ) 外観

サマディは浦和駅西口から徒歩3分ほどの場所にある無国籍料理レストラン。

このビルには、地下1階にビジュアル系の聖地でもあり40周年を迎える老舗ライブハウス「浦和ナルシス」が今もあり、サマディがある2階には、かつてCLUB BASE st.215(通称 浦和BASE)というクラブがあった、浦和の音楽シーンを支えていた場所です。

ちなみに、現在MCバトルがめっちゃ盛り上ってますが、そのMCバトルが盛り上がるきっかけとなった一つ「戦極MCバトル」の前身大会である「戦慄MCバトル」は、浦和BASEで行われていたことを知っている浦和民はどのくらいいるのだろうか(なんの話か分からない方はスルーをw)。

小学生の頃はビジュアル系の格好した人達がたくさんいて、この前を通るの少し怖かった記憶も。笑

SAMADIH(サマディ)店内

そんな昔話は置いておいて、店内へ。

暗いエントランスを通り中へ入ると、バリ風の空間が広がります。クラブ時代ステージだった場所にはピアノが置かれていました。

SAMADIH(サマディ)店内

ゆっくりと食事するのに良さそうな、雰囲気のいい半個室もいくつかありました。

SAMADIH(サマディ)ランチメニュー

こちらがサマディのランチメニュー。

東南アジアのエスニックな料理が数多く揃っていました。なお、価格は全て税込で、全てにサラダとドリンクがつきます。

浦和で無国籍料理を楽しむ!

ガパオライス

注文したのはガパオライス。

ガパオライス

日本では鶏肉が使われることが多いかなと思いますが、おそらく豚肉かな?バジルの香りは控えめですが、挽肉たっぷりでこれはこれで美味しいですね。

トムヤム担担麺

こちらはトムヤム担担麺。

パクチーは苦手なので少なめにしてもらいました。

トムヤム担担麺

トムヤムクンのエスニックなテイストに、担担麺の旨味が合わさったピリ辛な一品。具沢山で食べ応えもあり、こちらも美味しかったです。

浦和で数少ない無国籍料理のサマディでした。パクチー好き、エスニック好きは是非どうそ〜。

SAMADIH(サマディ)

住所埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-5 2階
営業時間11:00〜14:30、17:30〜22:30
休日日曜
その他食べログ
掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。