2021年から5月1日が「さいたま市民の日」に 様々な施設の使用料が無料

2021年から5月1日が「さいたま市民の日」に 様々な施設の使用料が無料 ニュース

2001年5月1日に誕生したさいたま市が20周年となる今年から、5月1日を市民の日として制定しました!

初めての市民の日には記念フェアを開催するほか、市内の様々な施設が無料になります。

記念フェア

概要

  • 日時:2021年3年5月1日 11:00~19:00
  • 会場:まるまるひがしにほん(東日本連携センター) 大宮駅東口から徒歩1分オンラインでの開催に変更になりました
  • 入場料:無料

コンテンツ

  • 市内産農産物の販売
  • さいたま推奨土産品の販売
    さいたま観光国際協会が推奨するさいたま市のおみやげの販売。
  • 市内酒蔵の地酒販売
    市内4酒蔵の地酒の販売。
  • 市内製菓店の20周年特別和菓子販売
  • 来場者参加型!市内アーティストによるライブペイント
    市内に拠点を置くアーティスト、寿の色によるライブペイント。来場された方は誰でも作品の制作に参加可能。完成した作品は、さいたま市誕生20周年記念式典等で展示予定。
  • 至宝の盆栽「日暮し」模刻版の展示
    「盆栽界の至宝」と呼ばれる大宮盆栽美術館随一の名樹である五葉松「日暮し」を、大宮盆栽美術館スタッフの監修により、忠実に再現した「日暮し」模刻版の展示。
  • 街並みの変遷振り返りスライドショー
    さいたま市の街並みの変遷を振り返るスライドショーを放映。
  • 市の魅力、施策発信コーナー
    市の魅力PR動画を放映。「さいたま市民の日」、「総合振興計画」等の市の施策や市内観光スポット等の紹介します。令和3年度制定予定の市民憲章についてのパブリックコメントコーナーの設置。

市内の様々な施設の使用料が無料に

さいたま市内にある文化芸術施設、スポーツ施設の利用料が無料になります。

これ今年から毎年5月1日は無料になるとのこと。無料になる施設や詳細はこちら

さいたま市20周年特設サイト
https://www.city.saitama.jp/20th/

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。