浦和の老舗うなぎ屋「満寿家」の個室で伝統のうな重を食べてきた

グルメ

浦和駅西口の旧中山道沿いにある明治21年創業の老舗鰻屋さん「満寿家」に行ってきました。

浦和で生まれ育って、小さい頃から満寿家の目の前よく通っていたし改装前のお店も知っているのに、初めて食べてきました(だって気軽に行けないじゃん?)。

行こうとしている方の参考になればと思い、簡単にご紹介いたします!

明治21年創業の老舗鰻屋「満寿家」

満寿家は浦和駅西口から徒歩5分ほどの旧中山道沿いにある老舗の鰻屋さん。鰻の街として有名な浦和の中でも、人気のお店として有名です。

今回は事前に予約して個室に案内をしてもらいました(個室を利用する場合は飲食代の10%が奉仕料として掛かります)。

使用している鰻は全て国産。紀州備長炭と秘伝のタレで丁寧に焼き上げ、豊富な経験をもとに熟練された手でひと串、ひと串、丁寧に焼き上げているそうです。

それでは店内へ。

とても素敵な高級旅館のような雰囲気になっていて、ちょっと戸惑う(庶民)。

利用した個室はこちら。

中はこんな感じ。窓からは趣のある日本庭園を眺められちゃって、いや最高かよっ。

なお、個室には専用のトイレも付いていました。

メニュー

満寿家のうな重の価格は以下のとおり(きも吸 お新香付)。

  • うな重 並:3,550円
  • うな重 上:4,100円
  • うな重 特上:4,800円
  • うな重 坂東太郎:6,000円

高級ブランド鰻の坂東太郎は不定期の入荷になっています。

その他のメニューは公式サイトに詳しく書かれていますので、そちらを参考にしてください。

コース料理もあります。

うな重をはじめ、満寿家の絶品料理の数々

それでは、いただいた料理を簡単にご紹介します。

まずはエビスビールで乾杯。

最初は鰻の塩焼き(2,800円)。白焼きじゃないですよ、塩焼きです!

こちらは夜限定20食のメニューとのこと。

柚子胡椒とすだちでサッパリと。ウマすぎ!

刺身5点盛り(2,500円くらい)。

どれも鮮度抜群!

初めて食べたハモの湯引き。めちゃウマ。

満寿家ボトルの冷酒もありました。

玉子焼きも安定の美味しさ。

一品料理を堪能したところで、うな重をいただきましょう。

パカりっ!

注文したのは、うな重 上(4,100円)。

香ばしいタレの香りが食欲をそそります。

絶景とはまさにこのこと。

ふっくらと焼き上げられた鰻に、秘伝のタレが絡まったうな重は絶品!

少しだけ固めに炊かれたお米との愛称も間違いなし!

ごちそうさまでした。本当に全てが美味しかったです。

皆さんは鰻と寿司、どちらが好きですか?

伊勢丹浦和店ではうなぎ特集開催中!

鰻を食べよう!伊勢丹浦和店で「土用の丑の日特集」21日まで開催中

うなぎ 満寿家

住所さいたま市浦和区岸町7-1-3
営業時間11:00〜14:45、17:00~20:45
休日月曜
Web予約ぐるなびRetty

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。