東浦和のアートギャラリー「Gallery Pepin(ペピン)」でアートの世界に触れる

東浦和のアートギャラリー「Gallery Pepin(ペピン)」でアートに触れる ニュース

東浦和に毎週木曜日のみオープンしているアートギャラリーがあるのをご存知でしょうか?!

住宅街にたたずむ「Gallery Pepin(ギャラリー ペピン)」をご紹介します。

東浦和にGallery Pepin(ギャラリー ペピン)

東浦和にGallery Pepin(ギャラリー ペピン) 外観

Gallery Pepinはさいたま市緑区大牧にあるアートギャラリー。

東浦和駅から徒歩で20分ほどの、静かな住宅街の一角にあります。

Gallery Pepin

同ギャラリーのオーナーである小林優佳さんは銀座の画廊で10年勤務を経て、2015年よりGallery Pepinをオープン。

以来、様々なアーティストを招いて毎週木曜日のみギャラリーをオープンしています。

オ・フィル・ドゥ・タン ときを縫う 柳早苗展

オ・フィル・ドゥ・タン ときを縫う 柳早苗展

現在は久喜出身の彫刻家 柳早苗さんの『オ・フィル・ドゥ・タン ときを縫う 柳早苗展』を4月2日(木)まで開催中!

ということで、柳早苗さんの作品の一部を紹介します。

柳早苗さん作品

木を縫うという、とっても斬新な作品。

柳早苗さん作品

イベント名にもなっている「オ・フィル・ドゥ・タン(Au fil du temps)」とはフランス語で時を越えるという意味。

柳早苗さん作品

年輪というのは年が経つにつれてどんどん成長していくもの。

それを紐で縫い合わせることによって、時間や世代を越えていく時のつながりを表現しているのだそう。

柳早苗さん作品

こういうアート作品って適当に作っているのではなく、ちゃんと意味があって何かを表現しているんですよ!!皆さん知ってましたか?

僕は知りませんでした。

柳早苗さん作品

意味を知れば知るほど、作品の面白さや奥深さが分かってきます。

柳早苗さん作品

そもそも浦和は大正以降に画家や彫刻家が数多く住んだことから、浦和画家という言葉もあるほど古くからアートに根付いた街(これは知ってた)。

そんな浦和でGallery Pepinはとても貴重な存在。

柳早苗さん作品

普段こういう場所に行ったことない人でも、オーナーの小林さんが丁寧に説明してくれます。

「質は高く、敷居は低く」をモットーにしていると語る小林さん。

柳早苗さん作品

ヨーロッパではこういったギャラリーがたくさんあり人々に根付いているそうで、浦和もそういう街になれば嬉しいと話していました。

アートとは無縁の筆者でしたが、ここに来たことで感性を磨かれたような(センスのある記事が書けそう)。

東浦和のアートギャラリー「Gallery Pepin(ペピン)」でアートに触れる

『オ・フィル・ドゥ・タン ときを縫う 柳早苗展』は4月2日までの毎週木曜日開催中。

その後4月23日からは『Gallery Pepin 5th Anniversary 升方允子個展 -air-』を6月25日まで、同じく毎週木曜日に開催予定です!

コミュニティスペース「ONVO SALON」でもコラボも!

浦和のコミュニティスペース「ONVO SALON うらわ」オープンスペース

浦和駅西口にあるコミュニティスペース「ONVO SALON(オンヴォサロン)」とのコラボ企画『ONVO SALON × Gallery Pepin -今月の1枚-』を開催中。

埼玉県出身または在住のアーティストをひと月に一人をフィーチャーし、珠玉の1点をONVO SALONにて展示を行っています!

ONVO SALONについて詳しくは

浦和のコミュニティスペース「ONVO SALON うらわ」

浦和「ONVO SALON」ワークショップや会議・セミナーに最適なコミュニティスペース

Gallery Pepin

住所さいたま市緑区大牧1470-10
営業時間12時〜18時
営業日毎週木曜日のみ
駐車場2台
入館料無料
公式サイトGallery Pepin
公式SNSFacebookTwitterInstagram

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。