「海外へ挑戦したい」さいたま市出身のバレーボール選手がクラウドファンディングに挑戦中!

さいたま市出身のバレーボール選手がクラウドファンディングに挑戦中!「海外へ挑戦したい」 浦和を知る
新店情報、キャンペーン情報など当サイトで掲載いたします。お知らせお待ちしております。

さいたま市出身のバレーボール選手、高橋頌(たかはし しょう)さんがクラウドファンディングに挑戦中です!

高橋さんは平成7年生まれ、さいたま市出身のバレーボール選手。今年の3月までVリーグに所属していましたが、日本代表入りを目指すため、現在はヨーロッパでプレーできるチームを探しているそうです。

さいたま市出身のバレーボール選手がクラウドファンディングに挑戦中!「海外へ挑戦したい」

私は小学校1年生からバレーボールを始めて、現在までバレーボールを続けてきました!

大学の頃は2部リーグで、ベストリベロ賞やサーブレシーブ賞を4年間でほぼ毎年のように受賞していました。今年の3月まで日本のVリーグ(Vチャレンジリーグdivision1)でリベロとしてプレー。サッカーで例えるとJ2の位置に所属していました。

ワンシーズンを通してサーブレシーブ返球率(相手が打ってきたサーブをいかにセッターへ綺麗に返球する)が72.7%という記録で、全体のランキングで2位を獲得しました。

引用:クラウドファンディング CAMPFIRE

ヨーロッパのリーグへ挑戦するためには、渡航費用や滞在費、活動資金などが必要になってきます。それらの資金を集めるため、現在クラウドファンディングで支援を募っています!

同じ地元出身の夢がある若者を、応援しないわけにはいかない!ということで、紹介させていただきました。ご興味のある方、支援をする方は下記より。

掲載している情報は記事掲載時のものであり、現況と異なる場合があります。